カードローン

お金を借りる窓口至急tz(ネットでかりる方法をご紹介)

お金を借りる窓口至急tzは、本日中にお金が必要な方に向けて、お金を借りる方法を多数ご紹介します。

 

早いだけでなく、誰とも会わずにネットだけで借り入れ可能な方法もありますから、参考にしてください。

 

※参考サイト(▶お金を借りる窓口至急tz

 

カードローンのweb完結が最速で借りる方法

まずご紹介するべきは、消費者金融系カードローンだと思います。

 

その理由は

・審査が最短30分で即日融資可能
・web簡潔ならスマホだけで自宅で借り入れ可能

 

つまり、カードローンなら、自宅にいながらスマホを使って自分の口座に振り込みで融資を受けられるのです。

 

しかも、申し込みから振込までの時間は60分程度ですから最速です。

 

カードローンでおすすめと各社の違い

カードローンと言っても、例えばメガバンク系のカードローンは審査に最低1日必要で即日融資は出来ません。

 

カードローンは種類が多すぎて、どれを選べば良いのか分からないと思います。

 

おすすめを「即日融資web完結可能」に絞ってご紹介すると以下の4社となります。

 

SMBCモビット

モビットがお勧めの理由は、「web完結なら勤務先への在籍確認がない」ということです。

 

カードローンで在籍確認をしないのはモビットだけです。

 

在籍確認なしはとてもありがたいのですが、逆に書類でそのあたりを審査するため、申し込みの条件がいくつかあります。

 

条件等、モビットについて詳しい解説は以下をお読みください。

▶モビット web完結 申込tz(10秒で分かる審査結果

 

▶モビットのWEB完結申込みページ

 

レイクALSA

レイクは、はじめての利用でweb完結なら60日間利息ゼロなのが魅力です。

 

他社の無利息期間は、アコム、プロミスが30日、モビットにはありません。

 

無利息期間を重視する方はレイクを選びましょう。

 

近いうちに一括返済のめどが立っている方に特におすすめです。

 

▶レイクのWEB完結申込みページ

 

プロミス

プロミスの良い点は、web完結の際、申し込める条件の範囲が広いことです。

モビットでは不可の「国民健康保険」の方や、メガバンクの口座を持っていない方でも申し込み可能です。

 

また、最大金利も17.8%と今回ご紹介の4社の中で最も低いです。(他社18%)

 

プロミスについての詳細は以下をご覧ください

▶プロミス web完結申込tz(ネットで最短30分審査回答)

 

▶プロミスのWEB完結申込みページ
 

アコム

アコムは最大手ならではの利便性(自動契約機が多い)と、パートアルバイトの方でもweb完結可能なことなどが人気です。

 

ただし、上記3社はカードレス契約が可能ですが、アコムだけはローンカードを発行しなければいけません。家族に秘密にしたくて、カードを持ちたくない場合などは適さないかもしれません。

 

アコムについての詳細は以下をご覧ください

▶アコム web完結即日tz(ネットで申込)

 

▶アコムのWEB完結申込みページ

 

家族にバレないか心配な方へ

お金を借りることを家族に知られたくない方は非常に多いです。

今回ご紹介した4社に関しては、「バレ対策」も完ぺきです。Web完結なら契約書類から、毎月の明細まですべてwebだけに出来ますから、契約時から一切の郵送物がありません。

 

更にアコム以外の3社に関しては、カードレス契約が可能なので、持ち物でばれてしまう心配もありません。

 

申し込みからお金を受け取るまでの時間はどのくらい?

「まずい、今日の15時までに振込しないと・・」

 

タイムリミットまで数時間でこのサイトにたどり着いた方もいるかもしれません。

 

実際に今から申し込んでどのくらいでお金が受け取れるかですが、web完結ではどこも審査時間は30分程度です。

 

そして、申し込みの入力や身分証などのアップロードで大体30分弱使います。

 

トータル60分程度あれば、契約まで完了できるはずです。

 

契約が完了すれば、セブン銀行などで即引き出し可能ですし、アプリから自分の口座に直接振り込んでもらうことも出来ます。

 

振込はアプリで指定すれば1分程度で振り込まれますから、非常に早いです。

 

タイムリミットまで2時間あれば、ある程度余裕をもってピンチを切り抜けられるはずです。

 

ただし、アコムはカード発行の必要があるので、近くに店舗か無人契約機があるか確認が必要です。

 

失業中でも審査は通る?

失業中で当面の生活費を借りたい方もいると思いますが、カードローンに関しては失業中では審査に通りません。

 

これはどの会社でも同じで「貸金業法」による、年収の三分の一を超える貸し出し不可にも抵触しますし、「安定した収入がある方」という条件にもあいません。

 

逆に言うと、アルバイトでも安定した収入があれば審査は通りますから、まずは仕事先を探すことが先決となります。

 

しかし、仕事を探せない状況の方もいるでしょう。

 

そういった方はカードローンではなく、公的な融資を利用しましょう。

 

公的な融資を教えてほしい

極端な低収入や無職になってしまった方は、カードローンなどは審査が通りません。

 

その場合は、公的融資制度として国や役所からお金を借りられます。

 

基本的に受け付けは全て最寄りの役所なので、市役所や町役場に行って相談することが大切です。

 

融資の種類も多く、返済不要の融資もありますから、自分で調べるというより相談に行った方が間違いありません。

 

一般的に知られている公的融資には以下のようなものがあります。

・生活福祉資金貸付制度(無利子~1.5%)
低所得により生活が困窮している国民

 

・求職者支援金融資(3%)
職業訓練受講給付金を受給している国民

 

・母子父子寡婦福祉資金貸付制度(無利子~1.0%)
生活が困窮しているひとり親世帯

 

・臨時特例つなぎ資金貸付制度(無利子)
公的融資を受けるまでの生活費が必要な国民

 

・教育支援資金
低所得世帯の子供が高校・大学に入学、通うための資金(無利子)
保証人なしでも最大20年借りられます。

 

これらは、金利などで相当優遇されていますが、受け取りまで若干時間がかかるのが弱点です。

 

緊急小口資金なら最短5日

公的融資の中で借入までの時間が早いのが、緊急小口資金です。生活困窮者向けの融資で、最短申し込みから5日で受け取れます。

 

生活困窮者の定義ですが、以下のような基準ですから、割と適用になる方の範囲は広めです。

 

世帯人数
1人(月収191000円未満)
2人(月収272000円未満)
3人(月収335000円未満)
4人(月収383000円未満)
5人(月収425000円未満

 

従業員貸付制度を検討する

お金を借りることを会社に知られることを嫌がって使わない方も多いですが、福利厚生で非常にお得なので、従業員貸付制度がある会社であれば利用しましょう。

 

ただし、経理部などお金に関連する部署の場合、昇進などにおいて若干のリスクがあります。

 

そうでないなら、遠慮せずに申し込むことをおすすめします。

 

親族や友人にお金を借りる

カードローン以外で即日融資可能な手段に「知り合いに頼む」という方法があります。

 

一見すると最も簡単な方法に感じるかもしれませんが、金利以上に目に見えないものを失っているケースも少なくありません。

 

また、頼む側もかなりのストレスや不安を感じながらお願いすることになりますから、実は結構ハードルが高い方法と言えるでしょう。

 

特に結果として断られた場合、お金は借りられないうえに信頼だけ失うという状況に陥ります。

そのまま疎遠になってしまうケースも多いでしょう。

 

逆にカードローンの場合、web完結なら誰とも会わずに借りられますから、契約のストレスは一切ありません。

 

知り合いに借りたからと言って返さなくてよいという事にはなりませんから、返済のめどが立っている方ほど、金融機関から借りることをおすすめします。

 

一度失った「金にだらしないやつ」という評価は二度と修復できないかもしれません。

 

お金を借りる窓口至急tz まとめ

お金を借りる方法について解説しました。

「今日中にどうしても20万必要だ」こんなケースでは昔は消費者金融の店舗に行って直接申し込むのが基本でした。

 

審査中も店舗のカウンターで待たされてドキドキしながら待ったものです。

 

それに対して現在ではweb完結が基本なので、スマホをいじるだけで借入まで完了できてしまいます。

 

お金を借りることに対してのストレスは大幅に減りました。

 

最後に私ならばどう借りるかをご紹介するので、参考にしてください。

・今お金を借りたいけれど50日後のボーナスで、一括で返せる場合
レイクで借りて無利息期間中に一括返済してしまいます。

 

・一括返済は無理で5年くらいかけて返済したい場合
会社の従業員貸付制度を申し込みます。

 

返済する期間が長いなら金利が低い契約者貸し付けを使った方がお得です。

逆に短い場合はむしろレイクを使えば金利ゼロなので、一番お得になってしまいます。

▶レイクのWEB完結申込みページ

 

この様に状況に応じて使い分けると良いでしょう。

 

この文章がお金を借りる際の一助になれば幸いです。

 

※参考サイト(▶お金を借りる窓口至急tz